第16回勉強会 10/28(土)「『戦後』ゼロ年の沖縄を語る〜現場から見えるヤマトゥ〜 目取真 俊 さん講演会」

【ならゆんおきなわ第16回勉強会】
テーマ:『戦後』ゼロ年の沖縄を語る〜現場から見えるヤマトゥ〜
 講師:目取真 俊 さん

日時:2017年10月28日(土)  18:15開場 18:30講演開始
場所:福岡市市民福祉プラザ「ふくふくプラザ」5F 502・503研修室
 福岡市中央区荒戸3丁目3番39号
 http://www.fukufukuplaza.jp/info/access.html

※会場が当初予定していたところから変更になっております。ご注意ください。

参加費:500円
※要事前予約 →予約受付サイトへ

  • 必ず事前予約をされて下さい。御予約なしで御来場されても御入場いただけません。
  • 録音録画は全面的に禁止です。写真撮影については、主催者の指示に従ってください。
  • 質疑応答を行います。質問用紙を配るので、準備をお願いします。(但し時間の都合上、全部に回答はできません)


主催:ならゆんおきなわ https://narayun-okinawa.jimdo.com/
共催:福岡YWCA平和グループ/沖縄とむすぶ市民行動・福岡

お問い合わせ:
 TEL 050-3736-4153(留守電対応)
 E-mail narayun.okinawa@gmail.com

【目取真 俊(めどるま しゅん) プロフィール】
 1960年、沖縄県今帰仁村生まれ。琉球大学法文学部卒業。県立高校の教職にあった1997年、『水滴』で第117回芥川賞・九州芸術祭文学賞を受賞。2000年『魂込め』で木山捷平文学賞・川端康成文学賞を受賞。『風音』は自らが脚本を手がけ、2004年に映画化。
 小説の中で沖縄戦や基地問題をテーマに「沖縄」を描くとともに、名護市辺野古の新基地建設、東村高江のヘリパッド建設に対する抗議行動の最前線で体を張る。ブログ「海鳴りの島から」による現場状況の発信は、沖縄に連帯する多くの人たちの注目を集め続けている。

※予定が急遽変更になることがございます。このホームページで随時ご案内いたしますので、御確認下さい。