ならゆんおきなわ ー沖縄を学ぶ 沖縄に学ぶー


最新勉強会情報

第23回勉強会「福岡県警沖縄派遣費用住民訴訟のこれまでとこれから」

今回は、「福岡県警沖縄派遣費用住民訴訟原告団」主催の福岡県警沖縄派遣費用住民訴訟についての報告会に、ならゆんおきなわとして共催という形で加わっておこないます。

 

*  *  *  *  *

 

 2016年7月10日の参議院選挙の翌日から突如再開した、沖縄県東村高江の米軍ヘリパッド建設。本土の6都府県(東京・神奈川・千葉・愛知・大阪そして福岡)から派遣された500人とも800人ともいわれる機動隊の力によって、市民の抵抗は封じ込められ、わずか6ヶ月で4つのヘリパッドがつくられてしまいました。

 その結果、高江では一昨年10月、住民の私有地に大型輸送ヘリが墜落・炎上し、その後もなお、米軍ヘリの離発着訓練は増え騒音被害は増大、墜落の危険に日々さらされる中、住民の人権はないがしろにされ、踏みにじられ続けている状況です。

 これまでヘリパッドの建設には94億という巨額の税金が使われましたが、そのうち、64億円は警備費です。市民の抵抗をねじ伏せるために湯水のように使われる税金。その一部である、福岡県警察本部が高江に派遣した機動隊の費用を、私たちは福岡県に返してもらおうと、住民訴訟を起こしました。

 いま、裁判は今年2月6日の第9回目の口頭弁論の準備をしているところですが、ここで一度、この訴訟の歩みを振り返りながら、裁判所に提出した資料の紹介、沖縄・東京・神奈川・愛知での同様の裁判の現状、今後の展望などを、多くの皆さまと共有する場を持ちたいと思い、ここにお知らせいたします。

*  *  *  *  *

『福岡県警沖縄派遣費用住民訴訟のこれまでとこれから』
  ~沖縄と、全国の仲間と、つながりあいながら~

日時 2019年2月23日(土) 18:00開場/18:30開始/20:30終了予定

場所 福岡市中央市民センター 視聴覚室
   http://www.shinko-chuo.jp/access.html
   福岡市中央区赤坂2丁目5番8号
   

主催 福岡県警沖縄派遣費用住民訴訟原告団
連絡先 TEL/FAX 092-651-4816
    福岡市東区箱崎3-33-10-402
    福岡地区合同労働組合気付 福岡県警沖縄派遣費用住民訴訟原告団

共催 ならゆんおきなわ/沖縄とむすぶ市民行動・福岡 他


劇団石(トル)ひとり芝居

「在日バイタルチェック」

脚本・演出・出演 きむきがん

 

福岡公演

10/6(土)17:30開場 18:00開演

福岡朝鮮初級学校 体育館 にて

 

多数の御来場ありがとうございました。

 

詳細はこちら

 


「ならゆん」=「学ぶ」


「ならゆん」とは「学ぶ、知る」という意味のうちなーぐち(沖縄のことば)です。
「沖縄のことを学ぶ」「沖縄に学ぶ」の二つの意味を込めました。

何を学ぶ?


基地のこと・沖縄のことを2か月に1回をメドに学びます。ゲストを囲んでのトークや、映像やニュースを題材に事実や背景を知り、解説者からお聞きします。


いつ学ぶ?


年6回(2か月に1回)をメドに開催します。

最新の予定は、下記の「最新勉強会情報」もしくはメニューの「予定・お知らせ」よりご確認下さい。

どこで学ぶ?


当分の間、勉強会の会場はその都度変わります。必ず「最新勉強会情報」「予定・お知らせから会場を御確認下さい。


参加方法


原則的に事前の申し込みや予約は必要ありません。直接会場へお越し下さい。

毎回参加出来なくても、自分の参加できる回、自分の興味のある回だけでも参加できます。

※場合によっては事前予約制をとる場合もあります。「最新勉強会情報」「予定・お知らせ」の内容をよくご確認ください。

誰が学ぶ?


私たちの開催趣旨に賛同し、所定の参加費をお支払いいただける方であれば、どなたでも御参加いただけます。