ならゆんおきなわ ー沖縄を学ぶ 沖縄に学ぶー


最新勉強会情報

第21回勉強会「沖縄、辺野古の今 そして これから…」〜 北上田毅さん講演会 〜

日時:2018年 7月29日(日)
時間:13時半開場/14時講演会開始/16時半終了予定

場所:天神チクモクビル 大ホール
   福岡市中央区天神3-10-27
   http://hall.chikumoku.co.jp/access

参加費:500円

主催:ならゆんおきなわ
   〜沖縄を知る勉強会 in Fukuoka
   https://www.facebook.com/narayunokinawa/
   https://narayun-okinawa.jimdo.com

問い合わせ:
 TEL 050-3736-4153(留守番電話からの折り返し)
 E-mail narayun.okinawa@gmail.com


とうとう土砂搬入という重大局面をむかえる
辺野古の新基地建設について、

これから現地を訪れようと思っている方、
サンゴがどうなっているのか心配な方、
福岡から何ができるか考えたい方、、、

とにかく今の辺野古のようすや
今後の建設工程のことや
埋め立て承認撤回のことや
高江の工事再開のことや
県民投票のことや
県知事選のことや
沖縄のことをいろいろと
知りたい・勉強したい という方!

これまでの土木技師としての経験を活かし、
工事の進捗状況や問題点を分析・検討することで
沖縄市民運動の“ブレーン”として活躍する
辺野古の抗議船船長、北上田さんが来福します。
どうぞ、お話を聞きに来てください。

* 当日 会場では、ヘリ基地反対協会へのカンパも受け付けます。ご協力ください。

【講師】
北上田 毅(きたうえだ つよし)さん

◎ 京都大学工学部土木工学科卒業。11年前に家族全員で京都から沖縄に移住。現在、沖縄市民連絡会、ヘリパッド建設に反対する現地行動連絡会(高江連絡会)会員。

◎ 元土木技術者としての経験を活かして、沖縄防衛局や沖縄県に対しての公文書公開請求や交渉を行い、辺野古新基地建設や、高江ヘリパッド建設などの問題点を分析・検討し、的確な指摘を続ける。また、院内集会や防衛省、国土交通省、海上保安庁などとの対政府交渉も行う。まさに、沖縄市民運動のブレーン的存在。

◎ その活動は、ブログ「チョイさんの沖縄日記」(https://blog.goo.ne.jp/chuy)にて発信中。
本土の市民団体や沖縄各地の「島ぐるみ会議」等に招かれての講演も多数。多忙な日々を送る中も辺野古に通い、抗議船の船長として海上阻止行動を行う。

◎ 著書
・「いけん君が代」(共著/阿吽社/1987年)
・「資料「君が代」訴訟」(共著/緑風出版/1999年)
・「フィリピン・幸せの島 サマール - ある民際協力の試み」(明石書店/1999年)
・「高江が潰された日」(共著/沖縄平和サポート/2018年)

◎ 最近の寄稿「世界」2018年3月号の特集『辺野古新基地はつくれない』では、N値ゼロの“マヨネーズのような”辺野古の軟弱地盤を指摘。専門家としての説得力に満ちた内容で、「新基地建設はいずれ頓挫する」とあきらめないたたかいを鼓舞する。

とにかく、すばらしい方です。ならゆんおきなわも、今回 初めて北上田さんを福岡にお招きするので、気合い入っています。


「ならゆん」=「学ぶ」


「ならゆん」とは「学ぶ、知る」という意味のうちなーぐち(沖縄のことば)です。
「沖縄のことを学ぶ」「沖縄に学ぶ」の二つの意味を込めました。

何を学ぶ?


基地のこと・沖縄のことを2か月に1回をメドに学びます。ゲストを囲んでのトークや、映像やニュースを題材に事実や背景を知り、解説者からお聞きします。


いつ学ぶ?


年6回(2か月に1回)をメドに開催します。

最新の予定は、下記の「最新勉強会情報」もしくはメニューの「予定・お知らせ」よりご確認下さい。

どこで学ぶ?


当分の間、勉強会の会場はその都度変わります。必ず「最新勉強会情報」「予定・お知らせから会場を御確認下さい。


参加方法


原則的に事前の申し込みや予約は必要ありません。直接会場へお越し下さい。

毎回参加出来なくても、自分の参加できる回、自分の興味のある回だけでも参加できます。

※場合によっては事前予約制をとる場合もあります。「最新勉強会情報」「予定・お知らせ」の内容をよくご確認ください。

誰が学ぶ?


私たちの開催趣旨に賛同し、所定の参加費をお支払いいただける方であれば、どなたでも御参加いただけます。